妻の来日 !

2018年2月26日 妻が日本に来ました。
とても長い道のりでした。ボクたちの本当の結婚生活のスタートです。

 

先月初旬、ようやく妻のビザも取得し、マニラでFCOのステッカーも貼ってもらいました。日本に来る準備は全て整いました。

妻は妊娠6ヶ月なので、飛行機に乗れるか心配なところではありましたが、搭乗可能との医師の診断書も もらいました。

当然、妻は一人では日本に来ることはできません。それで、2月24日に日本を立つことになりました。

いつもフィリピン航空の同じ便を利用するのですが、今回はいつものフライトプランとは違いました。成田を1時半に出発します。ダバオ到着は9時過ぎになる予定です。フィリピン内では最も治安の良いダバオですが、やはり9時過ぎともなると不安を伴います。

ただ今回は金曜日の夜に十分休息を取ってから成田に出かけることができます。今までは、ほぼ徹夜でした。

成田空港 いざ出発!

マニラに到着

今回でダバオに行くのも5回目です。だいぶ慣れてきました。

ダバオではいつものように向こうの家族が待っていてくれました。預け荷物の受け取りに時間がかかりました。それで向こうの家族は心配したとのことでした。

妻との半年ぶりの再開です。その日は疲れていたので、シャワーを浴びて早々に寝てしまいました。

次の日は妻にとってフィリピンで家族との交流を楽しむことができる最後の日となります。次回、ダバオに帰ってくるのは来年になる予定です。

妻は妊娠中ということもあり、観光はしませんでした。日中に近くのマーケットでお土産を買ったくらいです。

次の日になり、いよいよ日本に向かう日が来ました。当然、向こうの家族は涙ボロボロでした。

成田到着は8時半でした。

その日は無理をしないで、成田のホテルに一泊しました。

次の日には、自宅に向かい、妻を母に紹介しました。妻の住民登録も済ませました。

これからが、ボクたちの本当の結婚生活のスタートです。夫婦なのに長い間離れ離れになるのは やはり良くないと実感しました。

なかなか妻が日本に来ないので、会社の人の数人は偽装結婚ではないかと疑っていました。しかし、その疑いも払しょくできたと思います。

家族のペット飼育履歴

うちは小さい時から生き物に囲まれて生活してきました。
生き物がいない生活など考えられません。
うちのはじめてのペットは「パンダウサギ」です。
小学生の低学年のころからいました。
パンダウサギはウサギの中でもとりわけ懐きます。

1人1匹飼っていました。
小学生のころは常に計3~4匹いました。

毎晩家の中で散歩させていました。
ボクがお菓子を食べていると欲しがりましたので一緒に食べました。
ポテトチップスが好物のようでした。

ウンコはポロポロ頻繁に落としますがコロコロしているのでそんなに床は汚れないと思います。
ただそれでもペットを飼ったことのない人は気になるだろうなとは思います。
それに草食動物のウンコはたいして臭くありません。
小便は割と頭もいいので小屋に帰ってからしていました。
小屋の隅と場所を決めていたようです。

1度失敗したのは何かイカの入ったスナック菓子なのですが欲しがったのであげました。
そしたらすごい下痢になってしまって。
やはり草食動物、体が受け付けないようでした。

でもウサギにはすごく慰められました。
父親にいじめられ泣いているとぺろぺろなめて慰めてくれました。
家は危険なので、夜、ひとり町を歩く時も一緒に連れて行きました。
だっこして歩いていると何だかウサギでも頼もしく感じました。

とてもかわいかったです。

1匹は脱走した際に犬か猫に殺されてしまいました。
ボクが近所で見つけたのですがすごくショックでした。
家族が死んだのと同じでした。
持家でしたので家の前の花壇に埋めました。

他のウサギたちはだいたい寿命で死にました。
でも弱ってしまって死ぬ間際も名前を呼ぶと立ち上がろうとして。
そんな けなげな生き物なのです。
動物嫌いの人って実際に飼ったことあるのでしょうか?
1度飼ってしまうといない生活は物足りなく感じてしまいます。
ただ死んでしまう時はすごく辛いです。
だから飼わない人もいると思います。
そういう気持ちはとても理解できます。
小学校の通学路にはみかんか何かの木がありました。

帰りよくそこを観察してきました。
そうすると季節になると「いも虫」を発見することができました。
家に持ち帰って育て、何匹も蝶に孵しました。
蝶になった時は感動ものです。

ただよく失敗したのは・・・
変わった色できれいな いも虫だなと思って連れて帰って飼育してみると。
蝶にならないでガになりました。

みどりのいも虫でないとダメみたいです。
醜いあひるの子と同じで、みどりのいも虫こそ、きれいな蝶になるのです。
それから「シリケンイモリ」とか「トカゲ」とかも飼いました。
「ザリガニ」「ダンゴ虫」「あり」「ハサミムシ」「金魚」「メダカ」も飼いました。
それからボクが飼ったことがあるのは。
「カラス」と「ハト」です。
どちらも道で傷ついていたのを連れて帰って飼育しました。

カラスは結局懐かず死んでしまいました。
でもとても臭い生き物でした。

ハトは伝書バトのようでしたので怪我を治してあげてから飛ばしてあげました。
とてもいい思い出です。
兄は「グリーンイグアナ」を飼っていました。

草食のイグアナです。
ただ、あれは温かいところの生き物です。
冬は特殊な蛍光灯みたいのを絶えず当てていないとダメだったと思います。
電気代がかかるという事で冬、その蛍光灯を消してしまったら、かわいそうに寒さで死んでしまったそうです。

あと兄が飼っていたのは「チンチラ」。

なんでもミッキーマウスのモデルになったネズミだとか。
家じゅうぴょんぴょん走り回っていました。
毛はふさふさ。
もふもふするととても気持ちいいです。
でも尻尾の毛はすこしつんつんしていました。
そのギャップがたまりませんでした。
ネズミではありますが割と懐きます。

数年前に寿命で死んでしまったそうです。
10年以上生きたと思います。
つい最近まで富岡町で飼っていたのは「ナゴヤコウチン」です。
近所の人がいらなくなったそうでもらってきました。
ナゴヤコウチンはニワトリを大きくしたようなものですが、とても懐くことで知られています。
トットコさんと名前を付けてつがいで飼っていました。
母の後ろを付いて歩いていたそうです。

でも、原発事故で避難している間に野生の生き物に殺されてしまったようでした。
警戒区域になる前にこっそり家に帰った時 手遅れで、小屋がズタズタにされていました。
とても懐いていたので母はかなりショックのようでした。
それから「ねこ」は今もいます。
4匹います。
アメショーさん、クロさん、トラ、シャムとなっています。

中学校の英語のテスト

かれこれ20年ほど前のことでした。

中学校で英語のテストがありました。

ボクの苦手な教科でした。

長文の問題を読んでみると、ビートルズがどうのということが書いてあるようでした。

ボクは「かぶと虫たち」が・・・・と回答しました。

結果は・・・。

×

え?なんでだろう?と当時は考えました。

ボクの家庭は複雑な家庭で、ボクはテレビは見させてもらえませんでした。
だから、ビートルズなんて全く知りませんでした。

どうなんだろう?

ビートルズを知っていることはやっぱり常識なのでしょうか?
中には知らない人もいることも察してほしかったなぁ。