シャムの死

本日、4時40分。短い命がとざされました。

動物病院から帰ってきてから30分と経っていませんでした。
きっと、シャムも自分の家で亡くなりたかったのだと思います。

1年少しの命でした。

でも、誰かが悪いわけではありません。

シャムの場合は親ねこから受け継いだ先天的な白血病のようでした。

人も動物も同じ。
人も生まれた時から体が弱くて、早くに亡くなる方もいます。

それは、どうしようもないことなのだと思います。

1年前の冬の夜、ボクが拾ってあげなければきっと次の日には死んでいたと思います。

きっと、だれの目に触れることもなく道端でひっそりと。

でも、少しだけ一緒に暮らしたから、うちの家族の記憶にはいつまでもその生きた証は記憶され続けていきます。

少しの間だったけど、人と一緒に暖かいところに住んで、食べ物も自由に食べられて、他のねことも遊ぶことができて、きっと、これでよかったのだと思います。

ボクも丁度、失業した時でしたので、頻繁に獣医にも連れて行くことができました。

シャムにとって、延命のための処置がいいことだったのかどうかわかりませんが。
つらい治療もありました。

ボク自身も、シャムが日に日に弱っていく様子を見るのは耐えがたいものがありました。

もっと早く、菅原動物病院を知っていたら、もしかしたらもう少し長く生きることができたのかもしれません。

肺に水がたまった時も近くの動物病院では注射針で水を抜くだけの処置で、原因は調べようともしませんでした。

拾った時から鼻水に血が混ざっていました。

そのことを話してもそこの獣医では何もわからず、慢性的な風邪と診断されただけでした。

もっと早く、ちゃんとしたところで見てもらっていたら白血病であることもわかって、夜はそれなりにもっと暖かくしてあげることもできたのかもしれません。

シャム。ホントによくがんばったね。お疲れ様でした。

最後まで診てあげられたよね?

死ぬ時も隣にいてあげられたよね?

もう限界をはるかに超えて生きようとしていたのだと思います。

でも、少しの後悔もあります。
あのとき、あーしておけばよかったかな?と頭をよぎります。

でも、そもそも人生とはそういうものかもしれません。

ボクもいままで後悔の連続です。

また、生まれついた環境である程度のその人の人生が決まってしまいます。

虐待を受けて育った子供は一生心に傷を負い続け、それは対人関係の至るところに影響をもたらします。

ボクは学生の時勉強がとても好きでした。
塾にも行きたかったけど行かせてももらえませんでした。

シャムも生まれつき体が弱かったのだから、仕方がなかったのです。

少しの後悔もあるものの、ボクもできる限りのことはしてあげたと思います。

死にそうな日には、夜ずっと起きていて様子を見ていたこともありました。

だからボクも、もう後悔してはいけないのだと思います。

涙はあふれるけど、シャムの死は辛いけど、ボク自身はそれを乗り越えて、前を向いて新たな一歩をはじめないといけないのだと思います。

いままで、ありがとうね、シャム。

シャムの首輪

参考資料:
今回シャムが最期までお世話になった動物病院

菅原動物病院

〒983-0033
仙台市宮城野区福住町2-14
TEL 022-258-9490
FAX 022-258-9498
http://www.sdb.ne.jp/annai.html

先生達は動物達に温かく、そして常識的な治療費で安心してお願いできます。
1匹でも多くの生き物たちが病気から回復して再び元気になりますように。

シャムの闘病日記

宮城県もようやく日中は暖かくなってきました。

でも、もう遅すぎました。

今年の冬は特に寒く、例年にも増して自然の非情さを実感しました。

昨日はシャムの体調もちょっぴりだけ良く、歩いていました。

数歩、歩いては倒れてしまうものの、部屋の中を割とあちこちと動き回っていました。

ご飯も、水もいつもよりも多く食べました。

でも、今日は激変しました。

朝から元気がない。

それでも、まだ生きているから、菅原動物に治療に行きました。

診察台に載せる時に、いつもはぐったりしていても自分の頭を支えることはできていました。

でも、今日は違っていました。

いつもの調子で載せようとしたら頭がだらんとしていたために、思わず頭を少しぶつけてしまいました。
ゴムが敷いてあるから問題はないと思うけど。

今までもかなり限界だと感じていたものの、今日はもうダメみたいです。
もはやまったく体力が残っていないようです。

治療中もまっまく無反応でした。
意識がもうろうとしていて、痛みももはや感じないのでしょうか?

「もう、だめですか?」

「今週1週間様子を見ましょう」と女性の先生。

「昨日は割と調子がよかったのですよ、今日は朝から全く元気がなくて」

「最後に、こんなに元気になったよというころを見せるのですよね」

そうだったのか・・・。

帰りの車の中で、もう死んでしまったかと何度も確認しました。
でも、今日も家に帰ってくることができました。

亡くなるならやっぱり自分の家がいいよね、シャム。

帰りの車の中で小さな声で3回ほど「にゃー」と鳴いていたのが印象深く記憶に残っています。

DSCN3307

おむつとカイロを付けています。
生きている時に撮った最後の写真となりました。

参考資料:

特殊注射 ミノファーゲンシー+プロコン
特殊注射 インターキャット
皮下点滴
点眼液

治療費計 5250円

体温 37.8℃

シャムの闘病日記 低体温

もはや、鳴かなくなってから1週間。

そして、1ヶ月くらい、食べ物という食べ物も食べていません。
点滴と少しの水だけで命をつないでいます。

昨日は、宮城県も日中は暖かかったので、よたよたと窓際まで歩いて行って、外を見ながら気持ちよさそうに寝ていました。
少しだけ調子がよかったのかもしれません。
それに、1週間ぶりにウンコも出したようでした。

でも、大抵はくったりしています。
もう頭さえも上げることもできません。

今日のお昼にも猫砂の近くまで行ったそうです。
でも、途中で力尽き倒れてしまったそうです。

まだ生きているから、今日の午後、菅原動物病院に点滴しに行きました。
車の中でもぐったりし、「にゃー」のひとつさえも鳴くこともありませんでした。

治療中も、暴れる元気もありませんでした。

最近は、耳が後ろにちょっぴり反り返ってしまっています。
理由を聞いてみました。

脱水症状の兆候だそうです。

そして、体温を測ると37.70℃。
ねこの体温は人間よりも少し高くて38.5℃から39.5℃が平熱だそうです。

スタッフの方は何度も熱を測っていました。
そして、少しあわてた様子でした。

「ホットパックで温めながら帰ってください、低体温になっています」。

人間も亡くなる前は体温が下がると聞きます。

もうシャムも限界をはるかに超えているのかもしれません。

体はやせ細り、頭さえもなでるとごつごつしています。
体も骨の形がわかります。

シャム、もう、いいよ。

もう十分がんばったよ。

今日の寒い夜を超えられるかわかりません。

明日の朝を迎えることができるかもわかりません。

参考資料:

特殊注射 インターキャット
皮下点滴

治療費計 4725円

1.90kg

シャムの闘病日記 遠のいていく意識

もはや延命のための処置をしているだけです。

延命といっても、それがどれほどの時間なのかわかりません。

それに意味があるのかもわかりません。

病院から帰ってきてもぐったりしたまま。

薄目を開けてはいるものの、もはや、意識はあるのかないのかわかりません。

じきに、死ぬのはわかっています。

ただ、それを待っているだけなのは、とても辛い・・・。

参考資料:

注射 インターキャット
皮下点滴

治療費計 4725円

体重 2.00kg
39.1℃

シャムの闘病日記 昨夜のねこたち

昨夜のうちのねこたちは、いつもと違っていた。

いつもボクの布団で寝ているトラは、ボクの部屋を出たり入ったり。

何度も2階のボクの部屋の前で「にゃーにゃー」鳴くので、その度に後をついていきました。
エサがほしいのかな?

トラは何度もボクが後ろからついてきているか確認するように振り向きました。

行く先は決まって、1階で寝ているシャムのところでした。

寒くないように、エアコンは一晩中点けてあります。
寒くはないと思います。

シャムがなんとか生きていることを確認し、ボクが部屋に戻っても、そんなことが何回かありました。

クロさんはずっとシャムが入っている、ねこ入れの横に居ました。

3匹は仲が良く、よく一緒に丸くなって寝ていました。

ねこなのに何かわかるのかな?
いえ、ねこ同士だから、何かわかるのかな?

シャムは変わらずぐったりし、横になったきりです。
もう時間の問題であることは確かです。

今日、これからシャムにとって最後となりそうな治療に行きます。

最期まで、できることはしてあげないと。

後で、後悔しないように・・・。

DSCN3305

シャムの闘病日記 「ギリギリ」

8日、シャムをいつもの動物病院に連れて行きました。

もはや、いつ死んでもおかしくない状態です。

動物病院に行く時の車の中でも、いままでは「にゃー、にゃー」鳴いていたものの、もはや声を出す元気すらありませんでした。

数日前にインターキャットを打ってもらっていたので、今回は点滴をお願いするつもりです。
もうほとんど食べていませんから。

今日は女性の先生に診ていただきました。

やはり先生が口の中を見ていました。

「白いですね。貧血になっています。白血病特有のものですね」。

「もうギリギリかもしれませんね」。

そして熱もはかりましたが39.9度ありました。

熱もずっと続いてます。

体重はさらに減って、2.15kg

それでボクは、点滴の他に解熱剤の注射もお願いすることにしました。
「インターキャットはまた数日後にお願いしに来ますから、今日は点滴と解熱剤をお願いします」。

あれから数日、まだ生きてはいます。

ただ、母に言わせればウンコも出ていないという事でした。

最近は意識も朦朧としているのか頭をさすってあげても「ごろごろ」も言わなくなりました。

また明日かあさって病院に連れて行く予定です。

今日も宮城県は雪が舞っていました。

そして、山沿いは吹雪でした。

今年は特に寒い。

この寒さがとても恨めしい。

参考資料:
注射
皮下点滴
点眼液

治療費計 3675円

シャムの闘病日記 もはや時間の問題なのでしょうか?

ここ数日すっかり弱ってしまいました。

トイレにも行けず、「ねこ入れ」の中で漏らしてしまっているようです。

それで今日はホームセンターで、フリースの小型犬用の服とおむつを買ってきました。

それに、ご飯もほとんど食べません。
だから弱っていく一方です。

ほとんど動くこともできません。

でも、大好きな猫じゃらしを向けると何とか遊ぼうとします。

そしてボクが頭をなでてあげると、消えそうな声で「にゃー」と返してきます。

ここ数日また寒さが戻ってきました。

昨夜は宮城県は雪も舞っていました。

自然は厳しく、シャムに味方してはくれないのでしょうか?

無慈悲な自然よ。

でも・・・。

最期までできることはしてあげるつもりです。

シャムの闘病日記 さらに痩せていくシャム

1週間ぶりに見たシャムは骸骨のようでした。

皮と骨があるいているかのごとくです。

昨日、菅原動物病院に連れて行き、いつもの治療を施してもらいました。

先ずは熱を測りました。

38.6度。まだまだ熱も下がっていないようです。

先生がシャムの口のなかを見ていました。

「だいぶ脱水しているようですね」

体重はさらに1キロ痩せて2.45キロ

それからいつもの注射を3本。

シャムは痛そうな顔をしていました。

ボクは、骨が感じられるほど小さくなった頭をさすり「がんばれ、がんばれ」と声をかけることしかできませんでした。

「暖かくなれば、持ち直すでしょうか?」

「シャムちゃんの抵抗力しだいですね」

今週はなんとか、もちこたえるだろうか?

はやく暖かくなれ!

 

参考資料:

特殊注射 GMT
特殊注射 LMF
特殊注射 インターキャット
皮下点滴

治療費計 5775円

シャムの闘病日記 痩せていく、シャム。

先週は大雪のため宮城県には帰宅しませんでした。
シャムやトラに会うのは2主観ぶりになりました。

自宅に帰ってシャムを見てみると、前にもまして痩せていました。

母は「卵黄」や「レバー」をすりつぶしたものを無理やりあげていたようで、それでかろうじろ生きている様子でした。

今日。いつもの獣医に連れて行きました。
いつもどおりのとても優しい女性の先生でした。

菅原動物病院の先生は、男性の先生も、女性の先生もとても優しいです。

シャムの名前が呼ばれ、治療が施されました。

「痩せましたね」と先生。
体重を量ってみると、先回は4キロあった体重は3.45キロまでに減っていました。

それから、何種類もの注射をされました。「インターキャット」「点滴」「強肝剤」。

シャムはとても痛そうでした。

体は押さえられているから動きません。
でも、注射をされている時は目を閉じたりしてとても痛そうに顔をしていました。

一通りの注射も終わり、先生がすっかり脂肪が落ちてしまったお腹を調べてみると、何かできものができているそうです。
白血病特有の腫瘍だそうです。

「長く生きても5年だと思います。でも、これだけ手厚く看てもらえるねこもなかなかいませんから」と。

前にも同じことは聞きましたが、やはり長生きはできそうもありません。

鼻水で鼻が詰まっているのも食欲低下の原因だということで、目から入れる薬ももらいました。

今年の冬はなんとか乗り切ることができるのだろうか?

参考資料:

特殊注射 GMT
特殊注射 LMF
特殊注射 インターキャット
皮下点滴
点眼薬 ジフルブレドナート

治療費計 7350円

シャムの闘病日記

拾ってから1年ほどが経ちました。

そして、つい先月、白血病であることが判明しました。

長くても5年程度しか生きられないそうです。

白血病そのものも重い病気ではありますが、免疫が弱るために風邪をひきやすくなるそうです。
ほかの病気も誘発される恐れもあります。

それに違わず、うちのシャムも今年は風邪ばかりひいています。

ただ、ネコ白血病は意外と多いそうです。
ほかのネコにも感染する恐れもあるようです。

先生の話では野良ネコなどが喧嘩をして、保菌しているねこに噛まれたりなどして感染が広がるそうです。
ほかの要素は親からの遺伝だそうです。

きっとうちのシャムは家の中で飼っているので、親からの遺伝だと思います。

今もだいぶ弱ってしまっています。今年の冬はなんとか乗り切れそうです。
でも、いつシャムも死んでしまうかわかりません。

先月半ばにも体調を崩してしまいました。生死を彷徨いました。
当時はまだ、いい獣医を知りませんでした。

でも、菅原動物病院を知り、そこの先生に治療をしてもらって一時はだいぶ元気になりました。
トラと一緒に走り回って遊べるようにもなりました。

そして再び、数週間前にも元気がなくなっていまいました。

シャムも辛かったのだと思います。
「えさ入れ」や「水いれ」の前には行くものの、食べることも飲むこともできずにずっと立ち尽くしていました。
食べたいけど食べられない、飲みたいけど飲めない。
そんな状態だったのだと思います。

先週、再び菅原動物病院に連れて行きました。

熱を測ると38度以上熱がありました。

それで、「インターキャット」と点滴を打ってもらいました。

ボクは今は単身赴任中なので、その後の様子は自らの目で確かめたわけではありません。
でも、母の話では「生きている」ようです。

これからもシャムは完全に元気になることはないと思います。

治療費の支払いにも限度があります。
でも、できる限りのことはしてあげようと思っています。

雑種ではありますが、ずっとほしかったシャムねこです。

これから、シャムとの思い出を記録していきたいと思います。
後から悔いのないようにシャムとの時間を大事にし、その足跡をつづります。