車の撤去

つい先日 (10月8日) に震災後、長らく放置されたままだった車達が引き取られていきました。

使えそうな部品は剥ぎ取られ、サビと汚れで大変な状態になっていました。当然、エンジンなどかかる状態ではありません。

撤去は、大変、大がかりな作業となりました。

作業開始は、午前9時でした。ボクも立ち合いのため、朝早く起きて名取市の借り上げ住宅から富岡町の自宅へと向かいました。

トレノは割と順調に片付けられていきました。

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%8e%e5%bb%83%e8%bb%8a1

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%8e%e5%bb%83%e8%bb%8a2

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%8e%e5%bb%83%e8%bb%8a3

母が兄に買ってあげて、その後、結婚するからと兄から譲り受けボクがずっと乗っていました。

この車で、色々なところに出かけました。

母と何度も岩手県の仏ヶ浜も行きました。

色々なパーツを付けたりと、とても楽しい思い出が多いです。

震災当日は、悪路も走り抜け、自宅に着く時は偶然にも燃料がなくなる直前でした。最後に、ボクを自宅に送り届けてくれたのでした。

お疲れ様でした!

また、思い出が一つなくなりました。

vivio%e5%bb%83%e8%bb%8a

vivioは奥の方に置いておいたため、重機が入りませんでした。そこで、なんと人力で運ばれていきました。

%e3%82%bd%e3%82%a2%e3%83%a9%e5%bb%83%e8%bb%8a

ソアラの持ち出しは重量があるために大変苦労していました。

フォークリフトで引っ張ってみたり、大勢で押してみたりと。

ある程度まで引っ張り出してからは、クレーンで吊り下げられてトラックに乗せられていました。

%e7%89%87%e4%bb%98%e3%81%84%e3%81%9f%e5%ba%ad

何だか少し寂しい気もするけど、きれいさっぱりになりました。

これで、いよいよリフォームの準備が整いました。

作業終了は午後の3時でした。

 

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です