準備宿泊が始まる

17日、帰還に向けた長期滞在が可能となる「準備宿泊」が始まりました。避難指示解除まで滞在が認めらます。おそらく実質的には、もう帰宅できる状態になるということなのでしょう。

もう帰宅しない人も多いと聞きますが、一刻も早く帰宅したい人もいるのです。そういう人には朗報です。

丁度、昨日も富岡の自宅に帰りましたが、裏の本家の人は早速、準備宿泊を利用して自宅に泊まるのだと話していました。

やはり自分の家の方が広々していていいですよね。特にお年寄りはなおさらそうでしょうね。

借上げ住宅では、畳の上で足をのばして大の字になってゴロゴロすることすらできません。

21日から食料品などの移動販売が始まり、来月には復興拠点に診療所が開所しするそうです。11月には複合商業施設の一部がオープンする予定だそうです。複合商業施設とは、きっと「トムトム」があったところのことなのでしょう。

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です