帰還と移住に向けた準備(富岡町の家)

ボクは仕事の都合上、宮城県に残ります。

でも、母は富岡町に帰還することを強く希望しています。

無理もありません。やはり故郷は一番です。

つい、数日前に、南相馬市のほとんどの地域で避難指示が解除されました。南相馬の人たちは戻った人も多いようです。報道されるほとんどの人たちが故郷はいいと口をそろえて言っていました。

ウチも、来年の春までには富岡の家も改築しないといけません。

何よりも、年寄り一人で住むために安心して住める家にしないといけません。部落の人のほとんどは戻ってきません。そういう中でも、孤独に生活していかないといけないのです。

ただ問題は業者の選択です。信頼出来る工務店がわかりません。中にはボッタくりをする業者もいるようです。注意を要します。

そこで、地元のホームセンターのダイユーエイトにリフォームを依頼しました。ダイユーエイトだったら昔からある地元のホームセンターで、有名ですし安心して依頼できます。

後々、アフターフォローもしてくれることでしょう。

早速、見積もりを依頼しました。

でも、すでに帰還宣言の出ている楢葉町の仕事が忙しいようで、なかなか金額が出てきません・・・。

材料も人件費も高騰しているようです。

問題、山積です。

 

【2016.08.28追記】

DSCN5023

リフォームに向けて倉庫を設置しました。
家財道具の搬入を始めました。しかし、あっという間に一杯になってしまいました。

そして、ダイユーエイトから見積もりも上がってきました。
そして、ビックリ!

基本的には、3部屋と台所のリフォームと屋根のスレートの張り替えだけなのですが、1200万以上の見積もりが・・・。1800万も出せば建売の新築が購入できる時代です。話になりません。

やはり足元を見ているのだろうか?

詳しく事情を聴いてみると協力会社の見積もりをそのまま利用しているのだとか?

別な協力会社にしてくれるように要請しました。

再見積もりです。

そして、最近の富岡町の広報を見ていたら、借り上げ住宅を利用できる期間が1年延長になりました。無理に来春に帰還する理由もなくなりました。

ここは、じっくりと腰をすえてリフォームの段取りを進めたいと思います。

 

【2016.11月下旬 追記】

ダイユーエイトの再見積もりの結果がでました。別な協力会社を使うことにしてもらったのに、やはり同じ1200万円以上でした。

基本的に、たった3部屋と台所のリフォームと屋根のスレートの張り替えで1200万円なとどいうことは素人が考えても、とうていありえません・・・。

半年以上に渡り、ダイユーエイトと協議を重ねましたが水泡と帰しました。話になりません。何度も富岡の家に足を運んだのに。正直、なんだか怒りすら感じます。

それで、10年くらい前にウチのリフォームをしてくれたミスタービルドに見積もりを依頼することにしました。

見積もりは1月いっぱいはかかるとのこと。

今度こそは納得のいく金額が提示されるのだろうか?

 

【2017.11月14日 追記】

ようやく富岡町のリフォームが終わりました。

ミスタービルドさん、お世話になりました。以前にも家を修理してもらっていたので、初めからミスタービルドさんにお願いすれば良かったのです。決して安い金額ではありませんが、富岡町の現状を考えれば納得のいく金額で工事をしてもらいました。

ここまでくるのにとても長い道のりでした。

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です