慶応大学病院に桜咲く

母の四回目の治療も無事に済みました。
そして、今日は退院の日でした。

朝の4時に起きていつもの慶応大学病院に迎えにいきました。

春は希望の季節です。

東京はとても暖かくなっていました。
奇しくも慶応大学病院の桜は満開の時期をむかえていました。

桜

そして、母も酸素のチューブを卒業しました。

まだまだ無理はできませんが、これで峠は越えました。
あと2回の治療はありますが、もうきっと大丈夫でしょう。

帰還まであと1年。
希望を持っていきたいと思います。

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です