「かなり重症」

木曜日の夜のことでした。

母はもう動けないということでした。
トイレや風呂以外は苦しくて行けないということでした。

来週は、東北大学病院のセカンドオピニオン外来に行く予定でした。
でも、おそらく1週間も もちそうもありません。

それで夜も遅いですが、急患でいつもの厚生病院に行って診てもらうことにしました。
電話で、当直の医師が、おそらく入院になると言っていたので事前に用意しておいた入院セットを持って病院に向いました。

病院に着くと母は、しばらく処置室で治療を受けました。

後からボクも呼ばれて現状の説明を聞くために処置室に呼ばれました。

「かなり重症です」というのが医師の口から出た最初の言葉でした。

肺も心臓もかなり症状が悪化しているとのことでした。

慢性肺高血圧症は通常の肺高血圧症と違って、効く薬はないと説明を受けました。
それはどこの病院でも同じでしょうということでした。

肺の血管の末端に血栓があるから手術もできないと告げられました。

この病気はもって2、3年とのことでした。

しだいに悪化していって、苦しみながら亡くなる難病とのことでした。

とりあえず予想通り入院になりました。

入院の手続きをしているときに涙がこぼれました。

あと2、3年・・・。

たぶん母は富岡町の自宅には帰れないでしょう。

避難指示が解除されても病気で弱った母はとても一人では生活できません。
ボクは仕事の関係で宮城県に残るから、母も死ぬまで宮城県で一緒に生活していかなければならないでしょう。

これからどのような生活が始まるのか・・・。

ボクにもわかりません。

ただ、母が生きている間の時間を大事にしていくだけです。

東京の会社がリーマンショックでなくなってからボクは職場に恵まれず、いろいろな職場を転々としてきました。
丸森町にある小さな製作会社では「利益がでない」という訳のわからない理由で、3週間で解雇されました。
他の会社でも結局、人間関係がダメでした。

今の会社は地元では大手のきちんとした会社です。それに設計課の同僚はみんな穏やかできちんと仕事をしています。

ようやく長く働ける職場に巡り合えたのに。
仕事のこともとても心配していたから、少しだけ最期の方で母に安心してもらうことができたでしょうか?
親孝行できたでしょうか?

原発事故で故郷を追われ、放射能で故郷を破壊され、ネコも死にました。

今度は母も・・・。

あの日からたったの4年半。たったの4年半の避難生活で、健康だったボクも母もすっかり弱ってしまいました・・・。

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です