母の体調不良 再び

母が正月前から体調を崩していました。

もう3週間になりますが、その間ずっと本人は風邪と言っていました。

でも、なかなか良くならず、むしろ悪化していたようです。階段の上り下りすら息切れして辛いとのことでした。

昨日ようやく病院嫌いの母も病院に行く気になったようです。

だから、今日は訓練校を休んで仙台市立病院に一緒に行きました。

レントゲンや肺の機能の検査をしたようです。

そして、結果は「がんの恐れがある」ということでした。

2年前の出来事が鮮明に蘇りました。早朝にわずかに血の混ざった痰が出て救急車で運ばれた、あの時のことが。

また、別の日にCTを撮ります。

帰りに、親子して かっぱ寿司で遅い昼飯を食べました。

しかし、食べている最中にとめどなく涙がこぼれてしまいました。

母はオヤジがアル中だからとても苦労してきました。それにボクは随分かわいがってもらったので。

穏やかな老後の生活さえも東電に奪われてしまいました。

それを考えたらすごく無念でたまらなくなってしまいました。

今日は、もう何も何も手につきませんでした。

もはや、母は再び富岡町に帰ることはできないのだろうか?

次の仕事の内定はもらっていますけど、断るしかないのでしょうか?

仕事よりも母のことが心配です。

でも、仕事をしないと生活は成り立ちません。長期戦になればなるほど費用もかかります。

一体、これから、どうしたらいいのだろうか?

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です