富岡町のいま_20140325(3) 清水

次に清水地区に向かいました。

途中で梅の花や、椿が咲いているところを通りました。

DSCN3324

DSCN3323

DSCN3319荒廃した地区に咲く美しい花。

人が住まなくなっても、花は咲くのです。

例え、家々に雑草がはびころうとも。

毎年、何もなかったかのように。

なんとも言えない気持ちが沸き起こりました。

自然の強さ、そして永遠性。

人間の弱さ、もろさ。

そんなところでしょうか。

DSCN3326常磐道を上空から見る。

走っている車はまばらでした。

でも、今年ないし、来年には仙台まで開通するそうです。
そうしたら、ボク達の一時帰宅もだいぶ楽になります。

DSCN3325先日の大雪の影響だと思われます。

DSCN3328

DSCN3327
清水地区の家々は、割と、震災の影響は少ないように感じました。
道路の補修も進んでいるように感じました。

ただ、荒廃している点では、当然変わりません。

そして、帰宅。

DSCN3338双葉町を通過。このあたりの線量は非常に強いため、車内から撮りました。

DSCN3348浪江町での通行証の確認。

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です