シャムの闘病日記 低体温

もはや、鳴かなくなってから1週間。

そして、1ヶ月くらい、食べ物という食べ物も食べていません。
点滴と少しの水だけで命をつないでいます。

昨日は、宮城県も日中は暖かかったので、よたよたと窓際まで歩いて行って、外を見ながら気持ちよさそうに寝ていました。
少しだけ調子がよかったのかもしれません。
それに、1週間ぶりにウンコも出したようでした。

でも、大抵はくったりしています。
もう頭さえも上げることもできません。

今日のお昼にも猫砂の近くまで行ったそうです。
でも、途中で力尽き倒れてしまったそうです。

まだ生きているから、今日の午後、菅原動物病院に点滴しに行きました。
車の中でもぐったりし、「にゃー」のひとつさえも鳴くこともありませんでした。

治療中も、暴れる元気もありませんでした。

最近は、耳が後ろにちょっぴり反り返ってしまっています。
理由を聞いてみました。

脱水症状の兆候だそうです。

そして、体温を測ると37.70℃。
ねこの体温は人間よりも少し高くて38.5℃から39.5℃が平熱だそうです。

スタッフの方は何度も熱を測っていました。
そして、少しあわてた様子でした。

「ホットパックで温めながら帰ってください、低体温になっています」。

人間も亡くなる前は体温が下がると聞きます。

もうシャムも限界をはるかに超えているのかもしれません。

体はやせ細り、頭さえもなでるとごつごつしています。
体も骨の形がわかります。

シャム、もう、いいよ。

もう十分がんばったよ。

今日の寒い夜を超えられるかわかりません。

明日の朝を迎えることができるかもわかりません。

参考資料:

特殊注射 インターキャット
皮下点滴

治療費計 4725円

1.90kg

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です