シャムの闘病日記 昨夜のねこたち

昨夜のうちのねこたちは、いつもと違っていた。

いつもボクの布団で寝ているトラは、ボクの部屋を出たり入ったり。

何度も2階のボクの部屋の前で「にゃーにゃー」鳴くので、その度に後をついていきました。
エサがほしいのかな?

トラは何度もボクが後ろからついてきているか確認するように振り向きました。

行く先は決まって、1階で寝ているシャムのところでした。

寒くないように、エアコンは一晩中点けてあります。
寒くはないと思います。

シャムがなんとか生きていることを確認し、ボクが部屋に戻っても、そんなことが何回かありました。

クロさんはずっとシャムが入っている、ねこ入れの横に居ました。

3匹は仲が良く、よく一緒に丸くなって寝ていました。

ねこなのに何かわかるのかな?
いえ、ねこ同士だから、何かわかるのかな?

シャムは変わらずぐったりし、横になったきりです。
もう時間の問題であることは確かです。

今日、これからシャムにとって最後となりそうな治療に行きます。

最期まで、できることはしてあげないと。

後で、後悔しないように・・・。

DSCN3305

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です