シャムの闘病日記 さらに痩せていくシャム

1週間ぶりに見たシャムは骸骨のようでした。

皮と骨があるいているかのごとくです。

昨日、菅原動物病院に連れて行き、いつもの治療を施してもらいました。

先ずは熱を測りました。

38.6度。まだまだ熱も下がっていないようです。

先生がシャムの口のなかを見ていました。

「だいぶ脱水しているようですね」

体重はさらに1キロ痩せて2.45キロ

それからいつもの注射を3本。

シャムは痛そうな顔をしていました。

ボクは、骨が感じられるほど小さくなった頭をさすり「がんばれ、がんばれ」と声をかけることしかできませんでした。

「暖かくなれば、持ち直すでしょうか?」

「シャムちゃんの抵抗力しだいですね」

今週はなんとか、もちこたえるだろうか?

はやく暖かくなれ!

 

参考資料:

特殊注射 GMT
特殊注射 LMF
特殊注射 インターキャット
皮下点滴

治療費計 5775円

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です