シャムの闘病日記 痩せていく、シャム。

先週は大雪のため宮城県には帰宅しませんでした。
シャムやトラに会うのは2主観ぶりになりました。

自宅に帰ってシャムを見てみると、前にもまして痩せていました。

母は「卵黄」や「レバー」をすりつぶしたものを無理やりあげていたようで、それでかろうじろ生きている様子でした。

今日。いつもの獣医に連れて行きました。
いつもどおりのとても優しい女性の先生でした。

菅原動物病院の先生は、男性の先生も、女性の先生もとても優しいです。

シャムの名前が呼ばれ、治療が施されました。

「痩せましたね」と先生。
体重を量ってみると、先回は4キロあった体重は3.45キロまでに減っていました。

それから、何種類もの注射をされました。「インターキャット」「点滴」「強肝剤」。

シャムはとても痛そうでした。

体は押さえられているから動きません。
でも、注射をされている時は目を閉じたりしてとても痛そうに顔をしていました。

一通りの注射も終わり、先生がすっかり脂肪が落ちてしまったお腹を調べてみると、何かできものができているそうです。
白血病特有の腫瘍だそうです。

「長く生きても5年だと思います。でも、これだけ手厚く看てもらえるねこもなかなかいませんから」と。

前にも同じことは聞きましたが、やはり長生きはできそうもありません。

鼻水で鼻が詰まっているのも食欲低下の原因だということで、目から入れる薬ももらいました。

今年の冬はなんとか乗り切ることができるのだろうか?

参考資料:

特殊注射 GMT
特殊注射 LMF
特殊注射 インターキャット
皮下点滴
点眼薬 ジフルブレドナート

治療費計 7350円

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です