シャムの闘病日記

拾ってから1年ほどが経ちました。

そして、つい先月、白血病であることが判明しました。

長くても5年程度しか生きられないそうです。

白血病そのものも重い病気ではありますが、免疫が弱るために風邪をひきやすくなるそうです。
ほかの病気も誘発される恐れもあります。

それに違わず、うちのシャムも今年は風邪ばかりひいています。

ただ、ネコ白血病は意外と多いそうです。
ほかのネコにも感染する恐れもあるようです。

先生の話では野良ネコなどが喧嘩をして、保菌しているねこに噛まれたりなどして感染が広がるそうです。
ほかの要素は親からの遺伝だそうです。

きっとうちのシャムは家の中で飼っているので、親からの遺伝だと思います。

今もだいぶ弱ってしまっています。今年の冬はなんとか乗り切れそうです。
でも、いつシャムも死んでしまうかわかりません。

先月半ばにも体調を崩してしまいました。生死を彷徨いました。
当時はまだ、いい獣医を知りませんでした。

でも、菅原動物病院を知り、そこの先生に治療をしてもらって一時はだいぶ元気になりました。
トラと一緒に走り回って遊べるようにもなりました。

そして再び、数週間前にも元気がなくなっていまいました。

シャムも辛かったのだと思います。
「えさ入れ」や「水いれ」の前には行くものの、食べることも飲むこともできずにずっと立ち尽くしていました。
食べたいけど食べられない、飲みたいけど飲めない。
そんな状態だったのだと思います。

先週、再び菅原動物病院に連れて行きました。

熱を測ると38度以上熱がありました。

それで、「インターキャット」と点滴を打ってもらいました。

ボクは今は単身赴任中なので、その後の様子は自らの目で確かめたわけではありません。
でも、母の話では「生きている」ようです。

これからもシャムは完全に元気になることはないと思います。

治療費の支払いにも限度があります。
でも、できる限りのことはしてあげようと思っています。

雑種ではありますが、ずっとほしかったシャムねこです。

これから、シャムとの思い出を記録していきたいと思います。
後から悔いのないようにシャムとの時間を大事にし、その足跡をつづります。

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です