アメショーさん逃走!?

4月も終わる頃だったと思います。
今市青少年スポーツセンターから鬼怒川温泉にあるホテルへ移動することになりました。

スポーツセンターの所長さんにお世話になったので最後のあいさつをしました。
やはりぽろりと涙がこぼれました。よくしていただきとても感謝しました。
自発的に少しばかりのお礼を置いて名残惜しいですが温泉に向かいました。

きっと温泉に行けばおいしいものも食べられるし、温泉にも入れていいだろうなぁ、なんて少しの期待もありました。

ホテルに着くととりあえず必要な荷物や貴重品を降ろし、車は少し離れた所に停めました。
ホテルの印象は割とこじんまりとしていてビジネスホテルを少し大きくしたものというものでした。

そこのホテルはペットと同室に泊まれることで知られています。

それは母にとってはとても幸いでした。
それでアメショーさんを抱きかかえて部屋に向かいました。
アメショーさんはとてもびっくりしたようで暴れまくっていました。
結構 臆病なねこです。

でも何とか部屋に連れ込みました。
確か3階の部屋だった気がします。
部屋からは温泉街が見下ろせました。
ただ、風評被害もあり人はまばらでした。平日だったせいもありました。

温泉街なのに少し寂しいなぁという印象でした。

部屋にも風呂場はありましたが、どうも壊れているようでした。
まぁ、別の階に温泉がありましたので、それは問題ありませんでした。
地下と最上階と2階にそれぞれ温泉があったような気がしました。

タタミは、よく見てみるとペットが汚してもいいように(?)イ草製ではなく、ビニール製でした。

部屋は特に問題もありませんでした。
テレビも、小さい冷蔵庫もあって快適に過ごせそうでした。

ボクは残りの荷物の片づけなどしていたのか少し部屋を離れていました。

少しすると母がアメショーさんが逃げたとホテルの人と大騒ぎしていました。

なんでも入口のドアの下にすこしスキマがあるのでそこから逃走したらしいということでした。
ホテル内をくまなく探しました。
ホテルの人によると以前もこんな事があったようで、ねこは上の階に行くことが多いということで、上の方の階を重点的に探しました。流しも下の扉を開けてみました。

でもまったくいません。

他の人の部屋には入っていないだろうということでした。
玄関は開いていました。外へ逃げてしまったのでしょうか?

外に出てもきっと戻ってくるよ、なんて話しながらも半分あきらめていたところ、「いた!」という母からの連絡がありました。

テレビの下には高さ10cmくらいの、リモコンを入れるためだと思われる空間がありました。
母も疲れて椅子に座りふとテレビの方をみてみると、そこの奥に入っていたということでした。
目線がちょうど合ったとか。

確かに、そのちょっとのスキマの奥に丁度ぴったり収まっていました。

初めからドアのスキマから逃げたわけではありませんでした。

「逃げたのを見たのか?」と聞くと見ていないということでした。

なんと人騒がせな・・・

つづく

アメショーさん

猫之介

投稿者: 猫之介

富岡町の住人です。原発事故により避難生活を余儀なくされています。かつての愛猫のしま次郎を探しています。どうか無事でいますように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です